労務・経営・進出支援サンサル 
 
台湾進出支援コンサルティング
労務・経営問題解決コンサル
台湾ビジネスコンサル
優秀な台湾スタッフの人材紹介

Bz* 貝茲国際管理顧問社
 
〒104
台湾台北市南京東路2段54號5F
TEL:886-2-2581-4564
 
営業時間 
平日:9:30-18:30

休日:台湾国定休日、旧正月期間
 
メールお問い合わせ
 
公式ホームページ
http://www.bz-bluebird.com/jp/
 
総合窓口 : 鈴木
労務顧問 : 鈴木 陳 呉 黄
       洪  
経営顧問   : 鈴木 陳 呉  星 
人材紹介 : 呉    彭    
語学派遣 : 李    陳
翻訳   : 陳  李
通訳派遣 : 陳  
 
日本からの御連絡は鈴木宛てでお願い致します。
 
弊社は全て日本語で対応致します。
お気軽にお問い合わせください。
 
資料請求はお問い合わせ欄からご連絡願います。
中・小規模企業様 個人様が台湾で会社を設立するには

    資本金は?

弊社にはよく、個人様で台湾会社設立をご希望され、一旗上げたいとのご相談を頂きます。
 
どのように設立すればよいかの簡単なアドバイスです。
 
新しく設立する会社の代表として就労許可(VISA)を取得しようとする場合、資本金は50万台湾元以上必要です。(今のレートで150-170万円位です)そんなに大きな金額ではありません。

台湾人と結婚している、若しくは台湾の永久居留證を持っている場合は、その限りではありませんが、会社設立に伴い50万元以上の金額が必要になります。(業種によって資本金額が変わりますので事前に注意、チェックしてください)

弊社も何件も個人事業主様のお手伝いをさせて頂きました。問題点は、会社設立に伴いお金はあっという間に減っていきます。また、日々生活をするのにも色々と諸経費が跳んでいきます。ですので、自分の事業に於ける計画性、進めるための期日、どれだけの経費が掛かるかをしっかりと把握した上で、事業を手掛けられる事をお勧めします。

台湾が大好きな日本人は後を絶ちません!

しっかりと計画を立てず会社を設立すると資金繰りに困る事になります。

また、事業主になると就業ビザがおります。ただ、資本金が少ない場合(50万元くらいの場合)初回労働許可が出る際は、1年、若しくは1年+αの期間になります。資金繰りに関しては、台湾の銀行からの融資はほぼ望めないと思って頂いて結構ですので、資本金額は、計画に基づいてしっかりと把握、準備してください。

日台租税条約でビザ期間が長く取れるようにもなりました。日本で事前に情報を取りたい方はこちらをご参考ください。


    台湾での商売の成功率は?

台湾では1年目に売り上げ300万元が必要です!!!

 これは私が20年台湾で会社経営をしている経験則から割り出した数字ですが、個人事業主様で1年目の設立で成功(何とか持ちこたえる)する割合は1年目で20%、2年目、30%、3年目30%、つまり3年以内で500人の方が設立したら9人しか儲けを出すことが出来無いと言う事です。

理論は簡単です。文化風習の違い。言葉の問題。今まであなたに信用が有ったのは会社の名刺のおかげ。

台湾の人口を見てください。日本の5分の1です。台湾には世界中から有名企業が進出しています。その中で商売をしなくてはなりません。IT、機械、、旅行、人材、不動産etc

ありとあらゆる産業とありとあらゆるメーカーがしのぎを削っています。 大手でもうまく行かず、余儀なく撤退している状況です。ですので、事前の計画はしっかりと行ってください。また、現地では自分以外でブレインになって頂けるパートナー探しも重要になります。

台湾の仕事の継続法則 ビザ編

台湾で仕事をする為には就労ビザが必要です。1年目を超えた時点でVISA延長には壁が有ります。就労ビザを延長する際に、過去3年の平均、若しくは直近の1年で売上金額が台湾ドルで300万元必要になります。

ですので、先ほども述べましたように、会社設立後すぐに売り上げをあげられる体制が必要になります。よって、進出に関してはしっかりとした前準備と計画性が必要になります。

日本で基盤の出来ている企業様でしたらさほど高い壁ではないでしょうが、小規模、個人会社にとっては、簡単そうで難しいハードルになります。特に個人で起業される場合は、しっかりとしたご自分の貯えに関してもご考慮下さい。

成功を祈っています。