最新記事
月別アーカイブ
 
 労務・経営・進出支援サンサル 
 Bz* 貝茲国際管理顧問社
 〒104
台湾台北市南京東路2段54號5F
TEL:886-2-2581-4564
 
営業時間 
平日:9:30-18:30

休日:台湾国定休日、旧正月期間
 
メールお問い合わせ
 
公式ホームページ
http://www.bz-bluebird.com/jp/
 
総合窓口 : 鈴木
労務顧問 : 鈴木 陳 呉 黄
       洪  彭 謝
経営顧問   : 鈴木 陳 呉 洪
キャリアカ: 呉
ウンセラー
相談
人材紹介 : 呉    彭    
語学派遣 :    陳  謝
翻訳   : 陳  
通訳派遣 : 陳  謝
 
日本からの御連絡・資料請求はお問い合わせ欄からご連絡願います。
日本語対応OKです。
 
2020/3/4

台湾からのコロナウイルスに関する注意喚起

新型コロナウイルスに関する注意喚起(台湾を訪問される或いは滞在中の邦人の皆様へ)公益財団法人日本台湾交流協会からのお知らせです。
 
台湾へ来る場合の注意情報です。
 

1.先般お伝えしましたとおり,2月24日より,台湾当局は,日本を含む海外旅行感染症アドバイス第一級の「注意(Watch)」及び第二級の「警示(Alert)」の国々から入境する旅客に対して,14日間の自主健康管理措置を求め,1日2回の検温,行動の記録,外出時のマスク着用,公共の場所に出入りすることは出来る限り控え,また,発熱等の症状が現れた場合にはマスク着用の上,速やかに医師の診察を受けること等を求めています。

<2月24日付け当協会HP(台湾当局による日本を含む地域からの入境者に対する自主健康管理措置の要請について)>

https://www.koryu.or.jp/news/?itemid=1526&dispmid=5287

 

2.しかしながら,先週末にかけて,日本から台湾に来た日本人旅客の中で,台北市内の観光地等を訪れた際の体温測定により高熱が発覚し,施設への入場を拒否され,その後医療機関を受診した事例が複数発生しています。

 

3.これらの事例においては,発熱等の症状があり,医療機関を受診したところ,新型コロナウイルスの検査を受けることが求められ,検査結果が出るまで外出を許されず,且つ,台湾を出境できない(日本に帰国できない)一方,医療機関から入院は求められないものの,ホテルからは宿泊を断られ,宿泊先の確保が困難となるケースもあったようです。

 また,検査結果が陰性であれば台湾を出境,日本に帰国することが可能ですが,仮に陽性であった場合には強制的に隔離され,台湾の検疫施設(注:防疫のために場所は非公表,本人やその家族にも教えられない)に一定期間の滞在を強いられます。

 

4.つきましては,台湾を訪問予定あるいは滞在中の邦人の皆様におかれては,上記の事例を参照しつつ,自主健康管理措置を遵守し,台湾への旅行や出張等に関するリスクを踏まえて慎重に行動されるようお願いします。また,台湾滞在中は上記のようなリスクがありますので,常時携帯電話並びに充電器を携帯し,必要な連絡が取れるようにしておいて下さい。

 

5.また,2月24日から3月1日にかけて,台湾当局は,衛生福利部疾病管制署のプレスリリースにおいて,韓国(2月24日付),イタリア(2月27日付)及びイラン(3月1日付)に対する海外旅行感染症アドバイスをそれぞれ第三級(三段階のうちの最も高い段階)の「警告(Warning)」に引き上げる旨,及び当該国から台湾に入境する外国人に対して14日間の在宅検疫を義務付ける措置を各々翌日から開始する旨を発表しています。

 つきましては,台湾在住及び台湾に渡航予定の邦人の皆様におかれては,今後とも新型コロナウイルスに関する台湾当局による措置を十分注視し,最新の情報の収集に努めて下さい。

 

6.中央感染症指揮センターは,手洗い・咳エチケットの励行,目・鼻・口を手で触らないこと,海外から帰台する際に発熱,咳等の症状がある場合,空港・港の検疫担当者に通知することを呼びかけるとともに,帰台後14日以内に疑わしい症状が現れた場合は,無料の伝染病予防ホットライン1922または0800-001922(中国語・英語)に電話し,その指示に従って,マスク着用の上,医療機関を受診し,渡航歴,職業,接触歴等を医師に告知するよう促しています。

 

7.なお,衛生福利部はホームページ上で,台湾における伝染病指定隔離医院リストを掲載していますのでご参照下さい。

<衛生福利部疾病管制署「伝染病指定隔離医院リスト」(中国語)>https://www.cdc.gov.tw/Category/MPage/Hdl9E5pIZIe6ma8HcfAHDw

 

8.当協会と致しましては,台湾に在住・滞在されている邦人の皆様の状況を迅速に把握したいと考えており,邦人通報用専用電話を設置しております。つきましては,台湾において,万が一,ご家族・お知り合い等の邦人の方が新型コロナウイルスに感染した,あるいは感染の疑いで医療機関にて検査・隔離されているとの情報がありましたら,下記専用電話にご連絡下さい。

<感染・感染疑いに関わる邦人通報用専用電話>

(市外局番02)2713-6680

 台湾域外からは(地域番号886)2-2713-6680

 なお,上記専用電話は緊急の通報ダイヤルであることから,新型コロナウイルスに関する一般的なご質問,ご相談等については,従来通り,下記の代表電話番号にご連絡願います。

 

 邦人の皆様におかれては,衛生福利部のHP(https://www.cdc.gov.tw)等を参照し,最新情報を収集する等,引き続き感染予防に努めて下さい

 

<一般的なご質問,ご相談等に関わる連絡先>

日本台湾交流協会台北事務所

住所:台北市松山区慶城街28号 通泰商業大樓

電話:(市外局番02)2713-8000

    台湾域外からは(地域番号886)2-2713-8000

FAX:(市外局番02)2713-0975

    台湾域外からは(地域番号886)2-2713-0975

ホームページ:https://www.koryu.or.jp/